最期まで口から食べることを支える

 新宿食支援研究会のモットーは「最期まで口から食べられる街、新宿」。では、「最期まで口から食べる」とは何でしょうか。とにもかくにも食べてもらえばいいのでしょうか。そんなことではないはずです。では、じっくり「最期まで口から食べる」ことについて語ってみましょう。
 新食研ワーキンググループSKTS(最期まで口から食べることを支える)は、プレゼンターの提言の後、徹底的に議論する会です。ここではそのレポートを公開いたします。皆さんもぜひ考えてみてください。

Noをクリックするとレポートを見ることができます。

 No 公開日  テーマ  提言者

 

2016年11月9日

がんの終末期に食べることの意味

 大井裕子

 2

2017年4月16日

認知症に対する食べることの意味

 岡林繁史


第70回勉強会 
最期まで口から食べることを支える(がんの場合のSKTS)